とらきちマネーブログ

MENU

公的年金が17.7兆円の損失!?年金はもうもらえないの!?冷静に分析してみた

f:id:oteote:20200704113548p:plain

昨日発表された2020年1~3月期の運用損益は四半期として過去最大となる17.7兆円の損失というショッキングな結果となりました。私たちが将来貰うはずの原資なわけなので、この結果がどのくらいやばいのかを知る必要があると考えております。なので今回は、これまでのデータを参考にしながら年金運用について纏めておりますので、ご参考にしていただければ幸いです。

 

年金基金発表概要

まずは今回の発表のまとめをご覧ください。

公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は3日、2020年1~3月期の運用損益が四半期として過去最大となる17兆7072億円の赤字になったと発表した。赤字は5四半期ぶりで、新型コロナウイルスの流行に伴う株安が大きく響いた。この結果、19年度の運用損益は8兆2831億円の赤字に陥った。

GPIF、外債25%に引き上げ 20年度から、国内債は減

 1~3月期の保有資産別の運用損益は、外国株が10兆2231億円の赤字。国内株も7兆4185億円の赤字を余儀なくされた。また、国内債も損失を計上する一方、外国債は黒字を確保した。
 19年度の損失額はリーマン・ショックが直撃した08年度(9兆3481億円)に次ぐ大きさで、収益率はマイナス5.2%。ただ、市場運用を始めた01年度からの累積収益は57兆5377億円と高い水準を維持している。

(時事ドットコムニュースより引用)

 

 年金の運用資産推移

年金基金の運用開始以来の収益額の推移です。

f:id:oteote:20200704105526p:plain

17.7兆円ってすごく大きい金額に聞こえますが(実際大きいw)長い時間で見ると今回の下げはそこまで深刻なダメージではなさそうです。

実際にこれまでの収益累計・運用資産額は、、

f:id:oteote:20200704105531p:plain

リーマンショック・コロナショックを経験しておりますが、57兆円の利益ということで、運用はうまくいっていると考えられます。

利回り目標を達成するための一時的なブレはある

そもそも、ある程度の利回りを確保するためには、リスク(ブレ)とはうまく付き合っていく必要があります。年金は少なくとも年率1.7%の利回りを達成することが現在の目標であるため、そのリターンを得るためにはある程度のリスクは許容しなければいけません。

年金の運用利回りは年率2.39%となかなかの好成績です。1.7%を大きく上回っております。

f:id:oteote:20200704111639p:plain

2019年度の成績は年率でマイナス5.20%なので、許容できるリスク内で損失を抑えられているのではないでしょうか。

f:id:oteote:20200704111740p:plain

(これまでの年金に関するデータは年金基金の公式HPより)

2020年以降の株価

2020年以降の日本株・米国株の株価推移を見ていきます。

日本株

f:id:oteote:20200704112247p:plain

米国株

f:id:oteote:20200704112334p:plain

日本株・米国株共に4~6月期はがっつり上昇なので、次の運用報告の利益額はそれなりに大きくなっていると予想できます。

まとめ

損失額の大きさから、年金のことや運用のことをあまり知らない人たちにたたかれがちですが、データを見ると失敗しているわけではなく、その期間はコロナショックでリスクの下振れが発生しただけかなと考えております。長期的にリターンを積み上げられておりますし、次の期は大幅に利益っぽいので、いまのことろ問題はなさそうです!

 

【人気記事】

www.torakichimoney.com

100記事更新達成!初心者がブログを100記事書いた結果はどうなるのか!!【PV数・収益等全部公開】

f:id:oteote:20200702202246p:plain

筆者は副収入を得るために2019年10月からブログを開始しております。本業が忙しかったこともあり、今年の2月頃に一度挫折してしまいましたが、5月中旬から毎日更新をスタートしております。

今回の記事ではSNSで見かける月数十万、数百万稼げました!系ではなく申し訳ないのですが、よく言われる”ブログ初心者はとりあえず100記事を目指せ!”を実際やってみてどうだったのか、特に今100記事を目指してコツコツ更新している方には参考になるかと思ったので、まとめました。

※もっと初期の収益が見たい方は↓

1か月更新時点での収益

2か月更新時点での収益

73記事更新時点での収益

 

 初心者に甘くはないブログ:100記事更新時点でのリアルな収益とPV

先程も書きましたが、初心者が100記事ブログを更新するのは、文書を書くのが相当得意であり、かつ書くネタが豊富になければ結構しんどいです。筆者は割とこれまでいろいろ経験してきたので、ネタ自体にはそれほど困りませんでしたが、文章を書くのがしんどかったですw。

100記事書くまでにブロガーの9割が撤退してしまうそうですが、割と納得できます。。(しんどい時はデータやグラフを多めにして文章を極力減らしていたのは秘密ですw)

 ブログのは以下の挫折ポイントがあり、何度も自分に勝ち続けなければなりません

  • ネタや記事の構成を考えるのが大変で挫折
  • 時間がかかるのが大変で挫折
  • 収益が出なくてモチベ維持が大変で挫折

筆者も一度自分に負けてしまい、ブログ更新を止めてしまいました。。もう一度再開し、なんとか毎日更新を続けている状況です。100記事書いたとはいえまだまだ雑魚なので、今後も継続していきたいと思っております。

ブログ100記事更新時点での収益の状況

ブログの収益はトータルで57,138円になりました。

最近発生したアフィリエイト収益がほとんどですw

 

【afb】50,139円

f:id:oteote:20200702221332p:plain

【A8.net】629円

f:id:oteote:20200702221419p:plain

【Link-A】2,640円

f:id:oteote:20200702224237p:plain

【アドセンス】3,730円

 

一本のブログを更新するのに大体4時間程度かかるので、100本だと400時間仕事するころになります。そこから時給を換算すると、

57,138円÷400時間=142円/時間

最初の記事100本は時給142円という計算になります。かなり厳しいw

さらにここからドメイン代、はてなブログプロの維持費が毎月1,000円程度かかっているので、それを考慮すると時給125円くらいになります。

これからブログを収益化しようと考えている人は、特別な才能があれば別ですが、時給100円程度で長時間労働しないといけないことは覚悟していたほうがよさそうです。

ただ、ブログ収益は売り上げが立ち上がり始めると青天井に伸びていくものです。(先人たちの教え)これからはだんたんと時給が上がってきて、ゆくゆくはあまり手をかけずとも収入を生んでくれる状態を目指して、作業を続けていきたいと考えております。

 ご参考までに、多くのブロガーさんが使っていて、私も登録している優良ASPを紹介します。

・afb(使い易くてくまのまーくんが応援してくれる。個人的に一番好きw)

アフィリエイト情報

・A8.net(超大手、みんな使ってますね)

 ・アクセストレード(金融系に特に強いです)

アフィリエイトのアクセストレード

ブログ100記事更新時点でのPVの状況

全期間のPV推移

f:id:oteote:20200702225406p:plain

途中で更新が止まってPVが激減したことがわかりますw

最近は毎日更新しているので1日当たり130PV程度で推移しており、現在1か月あたり4,000PV程度のペースです。月当たり10,000PVまで増やすことが出来れば、マネタイズはかなりしやすくなると思うので、まずはその水準を目指して毎日更新を続けております!

 ブログ100記事更新時点でのユーザー数の状況

全期間のユーザー数推移

f:id:oteote:20200702225811p:plain

6月末に1度だけ100を超えるユーザーがサイトに訪問してくれました。10,000PVを達成しようと思うと、150ユーザーは必要になってくると思うので、次は1日150ユーザーに来てもらうことを目標に、頑張ってまいります。

ブログの集客方法分析

現在ブログの流入はSNSがほとんどです。ただ一応、SEOについても少し意識した文章にしており、サーチコンソールをみると、少しずつ効果が上がってきているような気がします。

今後もSNSから流入して貰えるように心がけながら、Googleで少しでもKWを上位に持っていけるように工夫をしながら更新していきます。

サーチコンソール

f:id:oteote:20200702230605p:plain

ブログ流入元一覧

f:id:oteote:20200702230700p:plain

 

まとめ

 厳しい現実を書いてきましたが、ブログを書くことによって学べることもたくさんあります。筆者はもともと証券の営業職だったので、Webマーケティングの知識はほとんどありませんでいたが、ブログのPV数を高めるために試行錯誤するうちに、Webに関する知識が少しずつ備わってきました。手を動かしながら学ぶことが一番の上達の近道なので、ブログ始めようか悩んでいるくらいであれば、一度始めて見ていいと思います!

 

【人気記事】

www.torakichimoney.com

www.torakichimoney.com


 

 

 

 

 

コロナは収束しないが株は大丈夫?外国株インデックス投資結果!【7月第1週目】

2019年12月から外国株式インデックスファンドを積み立て続け、ドルコスト平均法の強みを活かし、投資の知識に関係なく誰でも1億円の資産形成ができることについて、筆者自ら検証をしております。結果論ですが、始めた瞬間のNYダウは29,000ドル弱と、始めるタイミングがものすごく悪いですw。ただ、積み立てを始めるには時期なんてほとんど関係ないことをお伝えできればと思っております。

 【積み立て開始時点の記事】

www.torakichimoney.com

 今週分の経過推移をまとめたので、以下ご覧下さい。

NYダウの推移

2月末から3月にかけての混乱は収まり、株価は26,000ドル程度まで戻しております。上昇傾向は一度落ち着き、今後はコロナウイルスの感染状況が落ち着けば、もう一段の上昇があるのかなと見ております。

f:id:oteote:20200701234448p:plain

ドルコスト(積み立て)投資の推移

コロナショックを直撃する最悪の展開となりましたが、NYダウが戻したこともあり、プラ転しました!コロナショックを通過したとしても、この結果となったことにはかなり驚いてますが、積立投資の強みが発揮された結果と思います。今後もさらに利益額が伸びていくことに期待です。ただ、ドルコスト平均法を実行する上では、時間軸が長く、目先の損益に囚われる必要ははないので、これからも気長に継続し続けようと思います。

f:id:oteote:20200701234645p:plain

・積み立ての総投資額は60万円となり、評価額はほぼトントンです。

ちなみに、筆者がしているLINE証券での積み立てはめちゃくちゃおススメです。詳細はこちら

www.torakichimoney.com

 損失は一時10万円を越え、25%近くの損失率まで傷口が広がってましたw

f:id:oteote:20200701234921p:plain

放置VS積み立て継続、どちらが成績良い?

私と同じ時期に、同じ30万円の原資で始めた場合、その後放置するか私がしているように5万円の積み立てをするかの結果をグラフに表しました。グラフだと、緑色の放置VSオレンジ色の積み立て継続です。

見て頂ければ明らかなように、積み立てをした方が結果は良いです。安い時にたくさん口数を買うことができるドルコスト平均法の強みが出た結果ですね。

f:id:oteote:20200701234958p:plain


【ドルコスト平均法について】

www.torakichimoney.com

今後も当初宣言通り、積み立て額が1億円になるまで続けたいと思っております!

FXの損益・スワップ推移

6月23日からLINE FXで外貨を長期運用しております。米ドルでもスワップはそれなりに貰えるので、短期の投機的な取引ではなく、長期的なスワップ目当て(要は、債券みたいな投資)で運用しているので、その経過も報告します。FXが債券投資より優れていると考える理由は、こちらで解説しております。

f:id:oteote:20200701235237p:plain
スワップ目当てなので、オレンジの棒グラフをひたすら積み上げる運用になります。まだ運用してそんなに日がたっていないので70円ですが、毎日入ってくるので長期投資になればなるほど大きな金額にすることが出来ます。青線の評価損益に気をとられてしまいがちですが、どっしりと運用していきます。手軽にFX運用ができるLINE FXについて詳細が知りたい人はこちら

【外債よりFXがい良いと思うワケ】

www.torakichimoney.com

 積み立てによる株式運用と、FXを利用した債券替わりの運用は、必ずこれから資産を形成していく必要のある世代の方々(特に20~40代の方)の運用手段の一つになると考えております。”何か運用したいけどやり方が分からない”、または”投資するお金がない”方も真似しやすい手法だと考えております!今後も継続して発信しますので、見て下さい!

【人気記事】
www.torakichimoney.com
www.torakichimoney.com

世界でコロナウイルスの感染者は第2波でさらに増加!株式市場はどうなるのか元証券マンが大予想

コロナウイルスの第2波で世界の感染者数は増加傾向で推移しております。以前から、労働市場(特にアメリカ)の壊滅的な状況にもかかわらず、割と株価は大きく戻ったのは少し違和感を感じております。今回は、データを見ながら、今後の動きを予想していきたいと思います。

 

 コロナウイルスの感染状況

まずは、国内と世界のコロナウイルス感染状況を見ていきたいと思います。(Google検索より引用)

日本の感染状況

f:id:oteote:20200630204637p:plain

一度ピークを迎えてからは、かなり落ち着いた推移となっております。心配なのは東京ぐらいでしょうか。

世界の感染状況

f:id:oteote:20200630205032p:plain

世界の感染者数の推移はこちら・・・。やばくないですかね?第二波というより、第一波のままそれが収まらずに感染拡大が続いてしまっております。

コロナショック後の日本の失業件数と株価の関係

次にコロナウイルスを受けて失業者がどれくらい出たのかと、株価の推移はどうなっているのかを見ていきます。(出典:独立行政法人 労働政策研究・研修機構)

国内の失業件数

f:id:oteote:20200630205548p:plain

このデータを見ると、コロナウイルスで失業者数は増えているものの、合計は2017年とほとんど変わらないですね。日本に関しては従業員を簡単に解雇するのが難しいので、このような結果になっております。

・参考(リーマンショック時)

f:id:oteote:20200701112520p:plain

リーマンショック時の方が失業者数へのインパクトが大きいです!この後紹介するアメリカはコロナの方が影響が甚大なので、興味深いデータかと思います。

日経平均株価の推移

f:id:oteote:20200701113810p:plain

コロナショックで一時16,000円台まで調整しましたが、その後順調に戻し、今は22,000円台で落ちた板動きをしております。労働市場がそこまで影響が出ていないので、これくらいの戻しはそれほど違和感はないかと思います。

 

 

コロナショック後の米国の失業件数推移と株価

続いて米国の失業件数と株価の推移を見ていきます。

米国の失業件数推移

以下は週次で発表されるアメリカの新規失業保険申請件数のデータです。グラフの数字が1週間で失業保険の申請をした人数を表しています。米国の失業件数はコロナの影響によって、日本と違い顕著に急増してしまいました。

f:id:oteote:20200701120527p:plain

右軸は100万単位、Bloombergより

リーマンショック時の失業件数は最大で65万件であったため、このデータの数百万という数字の大きさは計り知れない大きさです。ピーク時よりは落ち着いてきてはいるものの高水準であることは変わりありませんし、コロナウイルスの感染拡大が落ち着いていないので、再雇用もされにくい環境かと思います。

このデータからは、米国の雇用環境は過去最悪といってよいと思います。

NYダウ株価推移

f:id:oteote:20200701121558p:plain

ピーク時の29,000ドル台と比べるとまだ戻り切っているとは言えませんが、一時20,000ドル割れした水準からは大きく戻しております。個人的には、あれだけ労働市場が悪化して中、経済を反映する株がこれほど戻すのには違和感を感じます。株価と連動しやすいGDPは、ざっくり労働時間×作業効率なので、これだけ総労働時間が減少すればGDPも下がり、株価ももう一度調整するのではないかなーと考えています。

今後の予想

これまでのデータを元に株式の今後の動きを予想します。

国内:失業はそれほど出ていないが、そもそも低成長なので、大幅上昇は見込みずらい。下がったら日銀が買うので、22,000円台~24,000円程度の小動きでのレンジ相場を予想

米国:労働市場の悪化が顕著なので、もう一度大幅調整する可能性。とはいうものの、米国大統領選が11月に控えているため、国民に株価が順調であることをアピールするため、無理やり緩和策などで経済を刺激する可能性が高い。結論:一度調整したあと、ボラティリティを伴いながら大統領選に向けて上昇

まとめ

米国は上記の通り一波乱あると考えております。ボラティリティが高い不安定な相場の中で積極的に取引すると負けやすいので、私は今後も短期の相場を張らず、積立で長期投資していきます。為替についても読みづらいのでFXの米ドルもスワップ収入狙いで寝かせておこうと思います。

【関連記事】

www.torakichimoney.com

www.torakichimoney.com

6月最終日!今月の副業収入・ブログPV数・Twitterインプレッション等を大公開!

f:id:oteote:20200630000336p:plain

本日で6月最終日なので、今月の副業収入の結果と、ブログやTwitterのアナリティクスを公開して振り返っていきたいと思います!2020年1月から本格的に副業を開始した筆者の結果をひとつの指標として参考にしていただければ幸いです。ちなみにどのビジネスについてもど素人から始めていますw

それでは、早速まいります!

 eBay物販

f:id:oteote:20200629224316p:plain

eBay物販は6月は12万円ちょっとの粗利で終えました。今月は最初の10日間くらいしか稼働できなかった(eBayのアカウントがコロナの影響とかで一時停止されてしまったから)のが残念でした。10日程度でこの成果なので、また再開すれば月30万円程度は稼げそうかなーというところです。とはいえ、メインバイヤーのアメリカではコロナの第2波が直撃しているので、いつ完全復活できるかは未定です・・・・。

毎週のアップデートでもお伝えしておりますが、私のTOEICの実力は300点程度の完全に雑魚です。それでも3か月程度でちゃんとそれなりの収益化が出来たので、かなり簡単にできるサイドビジネスなんじゃないかなと考えております。やり方については以前ブログ記事にまとめたので、気になる方はご参照ください。

eBay物販について詳しく知りたい方はこちら

ブログ収入

f:id:oteote:20200629225559p:plain

今月はアフィリ収入が49,000円程度発生しました!加えて、アドセンス収入がうまい棒200本程度ありますwやっと粗利が5万円程度まで来たので、さらに軌道に乗せて、生活をより豊かにするために更新を続けたいと思います。PV数は徐々に増えてきておりますが、月間目標1万PVの達成はまだ難しそうな状況です(記事数は現在98記事)。昨年10月から初めて途中で挫折しましたし、再開してもこの程度の成果の凡才ですw日々サイト構築の仕方やSEOについて学んでおります。

【afbレポート(afb使い易くて愛用してます)】

f:id:oteote:20200629225852p:plain

【A8.net(こちらも案件数が多くて使い易いです】

f:id:oteote:20200615004442p:plain

【ブログ収入を得たい人は下記リンクから】

 afb(アフィb)

 A8.net

ブログPV数結果・Twiiterアナリティクス

プログPV数の結果

まだ月末2日分の数字が反映されておりませんが、現状はこんな感じです。

f:id:oteote:20200629232906p:plain

 あと2日分足して、4,000PV弱といったところでしょうか。10,000PVに早く到達させたいです!

Twitterアナリティクス

f:id:oteote:20200629233627p:plain

頑張ってつぶやいたのでまあまあ数字は上がっていますね!とりあえず100万impを目指して頑張って運用していこうと思います!

まとめ・感想

6月はeBay物販が出来てなくなってしまって残念でした。今後はその収益をブログ収入が補えるよう、今後も毎日更新を頑張っていきます!実験でサブのブログも開設したので、そのサイトも少しずつ育てていこうと考えております!
それでは、6月お疲れさまでした!
7月も宜しくお願い致します!!

 【人気記事】

www.torakichimoney.com

なぜ私が積立投資の運用商品をアライアンスバーンスタイン米国成長株にするのか【元大手証券マンが解説】

f:id:oteote:20200629151951p:plain

私は昨年の12月から外国株の投資信託を積み立てております。もともとはコスト(信託報酬)の安いインデックスファンドを積み立てていたのですが、途中からアライアンス・バーンスタイン米国成長株ファンドに切り替えました。ほかのファンドと比べた結果、インデックスよりもパフォーマンスが良さそうと判断したからです。

今回は、改めてなぜ外国株を積み立てるのか、またその中でなぜアライアンスバーンスタインなのかを解説したいと思います。

 なぜ外国株を積み立てるのか

外国株式を長期積立の投資対象とする理由は、リスクとリターンのバランスが優れていることが理由です。

下図はモーニングスターの各資産の年次のリターンを表にしたものです。

f:id:oteote:20200629140005p:plain

ここでリターンが高く、かつブレ(リスク)が少ないものが投資において優秀なアセットとなります。

先進国株式はそのバランスが良く、注目してみると、

f:id:oteote:20200629140614p:plain

高い水準で割と安定していると思います。しっかりリターンを上げられながら、万が一のショック時にも壊滅的なダメージを負いにくいため、積み立てる対象は先進国株式、特に米国株式に絞っております。

個人的には、5,000万円以上の資産を運用に回すことの出来る資産家でない限りは、流行りの分散投資はしなくても良いと思っております。特に、ロボアドなどの分散投資では、どうしても日本国債が入ってしまいますが、日本国債の10年金利はマイナス金利の影響もあってほとんどゼロであり、期待リターンもほとんどゼロです。また日本株式についても、日銀や年金が株を買うのでそこまで値下がりはないように思いますが、少子高齢化が進み、株価の上昇はしづらい市場になっているかと思います。確かに分散投資をしてリスクを下げることも、資産形成をする大事な時期に日本国債に資金を使ってしまうのは、大幅な機会損失だと考えております。

なぜアライアンス・バーンスタインを積み立てるのか

米国株式に投資する理由は上記の通りですが、米国株式といっても投資する運用商品は無数にあります。その中でなぜアライアンス・バーンスタイン米国成長株に投資するのかを、他のメジャーな運用商品との比較チャートを見ながら、開設したいと思います。

1年比較チャート

今回比較するのは、外国債運用で人気が高いフィデリティUSハイイールド、米国リートで好成績・愛人気のフィデリティUSリート、日本株で圧倒的な成果を出すひふみプラス、今回私が推薦するアライアンス・バーンスタイン米国成長株、最後に米国株式で人気のインデックスファンド、eMAXISSlim米国株式です!

1年の比較から見ていきます。

f:id:oteote:20200629142308p:plain

結果はアライアンス・バーンスタイン米国成長株の圧勝ですね。同じインデックスファンドのeMAXISSlimを17%上回るリターンとなりました!リートに関してはショック時の値下がりが大きく、その後も戻りもかなり悪く、悪い成績となっております。

2年比較チャート

続いて2年の比較チャート。

f:id:oteote:20200629142317p:plain

eMAXIKSSlimを20%近く上回るリターンとなっております。

3年比較チャート

さらに3年比較チャート。

f:id:oteote:20200629144751p:plain

3円前はeMAXISSlimがまだ運用開始されていないので、単純に比較が出来ませんが、国内株や他のファンドと比べて順調なパフォーマンスであることが確認できます。

5年比較チャート

最後に5年比較チャート。

f:id:oteote:20200629145133p:plain

5年で見ると一時期ひふみプラスに負けておりますが、最終的には勝利。今後も日本株よりは米国株の方が期待できると思いますので、長く保有したいと思います。

まとめ

アライアンスバーンスタイン米国成長株投信が好成績であることがお示しできたと思います。長い期間運用されているファンドですが、今の運用チームになったのが数年前で、その後のパフォーマンスが特に優れていました。積立投資をする上で運用商品をどれにするかでパフォーマンスは大きく変わるので、興味のある人は参考にしていただければと思います。

【関連記事】

・米国株アクティブファンドおススメファンド2選

・インデックスファンドとは

【人気記事】

www.torakichimoney.com

 

20代でセミリタイアした筆者の総資産推移・副業結果公開!【6月第4週の結果報告】

筆者は20代でセミリタイアをしました。現状の純資産は731万円程です。詳しい内訳は以下に画像で公開しております。(マネーフォワード画面より)

※年金や個人加入の保険の金額などもすべて含んだ金額です。

ある程度副業で稼げるようになったため、セミリタイアを果たすことができました。今の収益状況についても下に公開しているので、ご覧ください。 

 

 

筆者資産推移

 

f:id:oteote:20200628210434p:plain

f:id:oteote:20200628210546p:plain

現金比率が高いように見えますが、保険や投資信託については、マネーフォワードと連携できなくて、現金が高くなっているように見えます。実際の現金と投資比率は4:6程度です。

1億円まで積み立て計画途中経過

 12月から外国株式インデックスファンドを積み立て続けることで誰でも1億円の資産形成ができることについて、筆者自ら検証をしております。

【開始した時の記事2019/12/17】

www.torakichimoney.com

 

【最新の途中経過報告(2020/6/25)】

www.torakichimoney.com

外国株インデックス積み立ての経過推移は以下ご覧下さい。

コロナショックでかなり評価損が出てしまっておりましたが、相場が回復している中で積み立てを継続してきたので、評価損はかなり回復しました!これからも積立を続け、複利で運用資産を大きくしていきたいと考えております。

 

f:id:oteote:20200628223450p:plain

積立についてはLINE証券を使用しております。キャッシュバックもあってお得である上、非常に使い勝手が良く、おススメです!こちらで解説しております。

 

IPO投資の申し込み・当選状況

今週のIPO投資の申し込み予定は以下です。カッコ内は申し込み開始日

  • アイキューブドシステムズ(6/29~)申し込み予定 
  • GMOフィナンシャルゲート(6/30~)申し込み予定
  • KIYOラーニング(6/30~)申し込み予定

今年の当選銘柄:無し

SBI証券、マネックス証券で申し込みをしております!

当選発表なども随時更新します!

 ebay物販成果

f:id:oteote:20200628224210p:plain

6月の第3週までで12万円強の粗利を作ることが出来ておりましたが、現在一旦ほぼ休止中です。コロナウイルスの影響により荷物の到着が遅れている商品が多かったことから、eBayよりアカウントを一時停止されてしまいました。現在はその復活に力を入れております。スムーズに輸出が行えるようになってから再スタートをしっかり切れるように致します!eBay物販はTOEIC300点の筆者が1月から始めてこれだけの成果なので、だれでも収入を増やせると思いますw

 【ebay物販の始め方はこちら】

 ミニスカお姉さんと学びましょう!

www.torakichimoney.com

ブログ収入

今月はアフィリ収入が45,000円程度発生しました!加えて、アドセンス収入がうまい棒200本程度ありますwやっと粗利が5万円程度まで来たので、さらに軌道に乗せて、生活をより豊かにするために更新を続けたいと思います。PV数は徐々に増えてきておりますが、月間目標1万PVの達成はまだ難しそうな状況です(記事数は現在94記事)。昨年10月から初めて途中で挫折しましたし、再開してもこの程度の成果の凡才ですw日々サイト構築の仕方やSEOについて学んでおります。

【afbレポート(afb使い易くて愛用してます)】

f:id:oteote:20200628224612p:plain



 

【A8.net(こちらも案件数が多くて使い易いです】

f:id:oteote:20200615004442p:plain

 

【アフィリ収入を得たい人はこちらから!】

カンファレンスバナー

 【Googleアナリティクス】

f:id:oteote:20200628230054p:plain
6月は4,000PV弱くらいですかね!目指せ月間1万PV!

 

【ブログ収入推移グラフ(発生ベース)】

f:id:oteote:20200628230235p:plain
一応去年の11月から収益化しているのですが、6月になって収益がまともに出始めましたw
月10万円がとりあえずの目標!

fx運用

6月23日からLINE FXで外貨を長期運用しております。米ドルでもスワップはそれなりに貰えるので、短期の投機的な取引ではなく、長期的なスワップ目当て(要は、債券みたいな投資)で運用しているので、その経過も報告します。FXが債券投資より優れていると考える理由は、こちらで解説しております。

f:id:oteote:20200628231216p:plain

スワップ目当てなので、オレンジの棒グラフをひたすら積み上げる運用になります。まだ運用してそんなに日がたっていないので49円ですが、毎日入ってくるので長期投資になればなるほど大きな金額にすることが出来ます。青線の評価損益に気をとられてしまいがちですが、どっしりと運用していきます。手軽にFX運用ができるLINE FXについて詳細が知りたい人はこちら

まとめ

ebay物販は現在休止中ですが、その分ブログ収入で30万円程度稼げるようになることが現状の目標です。今後も毎週月曜日に総資産と副業の結果をアップデートしていきます!それでは今週も頑張っていきましょう!

【人気記事】

www.torakichimoney.com